週刊チャオ、まだあります

かつてチャオBBSにいた全ての人たちへ、ぼくたちはまだ"週刊チャオ"にいます。

原点回帰、初心を取り戻せ!

みなさま、お久しぶりでございます。当時マスター(ID:016425)と名乗っていた者です。
いやぁ、恥ずかしいね!うん!誰だよこんな名前考えたやつ!俺だよ!ザ・小学生センス炸裂バカンスパラダイスだよ!!

今回、当時チャオBBSにいた人からの記事募集というのをみてさっそく名乗りを上げさせていただいた所存にございます。
理由は二つ程。
まず一つは、週チャオにまた関われるという単純な嬉しさに背中を押されました。
嘘です、押されたどころか突き飛ばされましたね。考えてたはずなのに気づいたら手がDM送ってましたし。
チャオBBSは自分の始まりの地と呼んでいいほどの場所だと思っています。
自分は当時とはハンドルネームこそ違えど、今でもいろんな作品の二次創作をいろんな場所でぽいぽこ投稿してるのですが、そもそも小説をなぜ書き出したのかって振り返るとこの週チャオがあったおかげですね。
小学生当時の自分は元々チャオ好きで、ソニックアドベンチャー2バトルはもう無茶苦茶に遊びまくっていたのをよく覚えています。
チャピルさんのチャオの書なんてかじりつくぐらい毎日アクセスして勉強してましたし、ラピスラズリというサイトにはチャオの全進化形態の画像が載ってて、さながら図鑑を食い入るように読み込む子供のように通っていました。いや、まさしく子供だったんですがね!
思い返せば、ネットマナーを多少なり学べたのもチャオBBSのおかげですねぇ……当時まだまだクソガキだった自分は色々と礼儀のなってない行動も多く、迷惑をかけた人もたくさんいました。
そういえば荒らし行為に初遭遇したのもここでしたねぇ……当時まともに喧嘩買っちゃって、それがしさんが冷静にみんなに『荒らしは無視です』と呼びかけていたのは今でもはっきり思い出せます。こんな風にネットリテラシーを一つまた一つと身につけていったわけですねぇ。

続きを読む

首、まだあります

まだ首は残っているし、辛うじて息もしているようです。

斬首 斬守(ID:018631)です。現在はジョニーと名を変えて、楽しい楽しいインターネットの海で遊んでいます。

私のことを知らない方も多いかもしれません。なにせ、チャオBBS閉鎖(サービス一時停止)が2008年7月15日で、私の初記事投稿が2007年4月30日のため、掲示板には僅か1年2ヶ月程度しか居なかったチャオラーということになります。

 

まず、チャオラー同士の思い出話(黒歴史?)とのことで、私がチャオBBSに来た経緯と、その後のどんな人生を歩んでいるのか、少し話したいと思います。

続きを読む

ネタにできない黒歴史

おはようございます。もしくはこんばんは。ほっぷすたあです。

皆さんが自分の過去の作品について投稿する中で、空気を読まずにエルファとの掛け合いで他の人の作品のネタを投稿するのが私です。

「さすがにこれは明らかに空気が読めてないやつだ!」…ということで、私も黒歴史についてつらつらと書いていこうと思います。

続きを読む

チャオと小説と黒歴史(1)

 中学生の時、ふとチャオ幼稚園の掲示板にチャオBBSのアドレスが書かれているのを見つけた。ちょうど友達とソニックをやっていて、

「なあ、これゲームキューブから見れるのかな?」

「分からん」

 みたいな田舎の坊主らしい、馬鹿な会話をしていたことを覚えている。

 

 あくる日の夜、どうしてもチャオ育成で分からないことが有った僕は、父親が使っていたPCを借りた。アドレスを一文字ずつ、ゲーム画面を何度も見ながら人差し指で入力していった。

 そして、最後にEnterキーを押した瞬間、待ち望んでいたチャオBBSの画面がモニタにバン!――とは映し出されず、404 NOT FOUNDの文字が僕をあざ笑った。

  

 ま、最初は誰でもこんなものだ。

 

 結局、僕がチャオBBS――今となっては馴染み深いあの画面を見ることになったのは、三度目のチャレンジのときだった。

 

「やった、早速質問しよう!これで疑問も解決だ!」

 

 最初は、その程度だった。

 単純に分からないことを質問して、答えを知れば、もう来ない予定だった。

 

 けれど、まさかそれ以来、四年にもわたって通い詰めることになるとは、人生何に嵌るか分かったモノじゃない。

 

 あまつさえ、小説を書こうだなんて――。

 

 さて、そんな頭の緩い僕も、今年で二七歳になる。しがないシステムエンジニアとして早五年社会で揉まれてきた。先述のチャオBBSとの出会いを振り返ると、よくこの業界に就職できたな、と思うくらいだけれど、人間とは成長するものだ。

 

 まあ、それでも、現状を言ってしまえば、僕は、そんな注目すべき点も無い凡庸なサラリーマンだ。有名人のように自叙伝を自費出版したとして、誰も見向きもしないし、取り扱ってくれるお店も無いだろう。

 

 けれど、これでもチャオBBSでは色々やらかしてきた。

 

 こうやって、存分に自分語りができる場所を与えられたのだ。

 たまには自分を顧みつつ、己の愚かな黒歴史と、そこで気づいたいくつかのことを語り倒してみようと思う。

続きを読む

「チャオの森」絵本編集秘話!

  • ホップ…なかのひと。現在進行形で黒歴史生産中。
  • エルファ…H・FFのメガネチャオ。割れません。

 

【エルファ】「…何やらホップスターや編集部がチャオ20周年で不穏な動きをしていると聞いたのですが」
【ホップ】「不穏って言うな!折角メモリアルイヤーなんだし、みんなで思い出を語っていこうって感じのことをやってるんだよ!」
【エルファ】「それでこんな所にまで私が駆り出された訳ですね…」
【ホップ】「この掛け合いでも『懐かしい!』って思う人もいるかもしれないしね」
【エルファ】「本人にとっては黒歴史ですけどね。というか何ですか、2018年にもなってこの寒い掛け合いをブログでやっちゃうんですか?今時こんなことしてるのアナタぐらいですよ?」
【ホップ】「うるさい!週チャオはそういうものだからいいの!」
【エルファ】「週チャオを何だと思ってるんですか…」


【ホップ】「とにかく、折角こういう機会なんだし、このブログが『みんなで思い出を語っていこう!』って感じのブログだから、私としても何かネタ出ししなきゃと思うんだけど…」
【エルファ】「ぶっちゃけますけど、割と今でもNGのネタってありますからね…第1期時代のとある企画とか、週チャオ復活計画とか、謎のオフ会とか…」
【ホップ】「その辺は…墓場まで持っていく所存です…」
【エルファ】「そう考えていくと、語れるネタって実はそんなに多くない気がするんですが…」
【ホップ】「そうなんだよねぇ…何かあるかなぁ…」
【エルファ】「そうなると、やはりあれしかないのでは?チャオの森の絵本について」
【ホップ】「!!絵本!そうだ、それがあった!それなら語れる!」
【エルファ】「第2期週チャオ屈指の傑作で知名度も高く、かつホップスターが当時の状況を知る唯一のメンバーですし、ぴったりだと思います」
【ホップ】「という訳で、「▼続きを読む」にてどうぞ!」

続きを読む

週刊チャオが休刊した日

みなさん、お久しぶりです。チャピル (ID:014906)です。
僕のことを覚えていない方もいるかもしれませんが、まあざっくりいうと、週刊チャオを終わらせたのが私です
とはいえ、その辺りの事情を知らない方も多いのではないでしょうか?
今日は週刊チャオが終わった頃の出来事を振り返ってみようかなと思います。

続きを読む

ダーク、まだいます

皆さん、お久しぶりです。あのシャドウの冒険のダーク(ID:15284)です。覚えてますよね!
まとめサイトや某攻略サイトに晒されたこともあるので、チャオラーでない人も知ってるかもね!

 

チャオ生誕二十周年!

 

僕がチャオと出会ったのは中学一年生のとき、チャオが世に出て五年目のときでした。
当時チャオBBSではROM専で攻略サイト程度に思って見ていましたが、中学二年生になってすぐに足を踏み入れて、なんだかんだあって気づいたら自分も二十七歳になっていました。
早いんだか遅いんだかわかりませんが、とにかく今の自分にとってチャオは人生の半分以上を共に(?)過ごしてきた存在となります。
きっと僕と同じ時期にわちゃわちゃしてた当時の人たちは、みんなそうなんじゃないかな。
少なからずチャオに人生をかじられた人たちと、その傷跡について話せたらなと思います。

 

続きを読む